そもそも株とは何か?会社設立からの流れで簡単解説!

株式会社、株式投資、株価…普段ニュースや仕事の中で「株」に関する様々な言葉をよく見聞きします。ではそもそも、株とは何なのでしょう?

根本的な意味や仕組みを知る事で、普段何気なく聞き流していたニュースを理解したり、社会の事がさらに深く分かるようになるかも知れません。より簡単に理解するため、あなたが会社を設立したと仮定して、株とは何かを解説していきます。

業種問わず、やはり事業展開していくにはまずお金が必要です。特に飲食業や店舗販売で売上を上げる業態などは、初期費用だけでもそれなりにまとまったお金が無いと始められません。手元に十分なお金があれば良いのですが、なかなかそうもいかないもの。しかし、実は設立時にお金を集める手段があるのです。それは、あなたの設立する会社の将来性を見込んで、お金を投資してくれる人を集めるという方法です。

ですが、仮にそういった方々を集められたとして、お金を投資してもらうだけというわけにはいきません。ここで出てくるのが「株」です。

あなたは投資してくれる方々へ「株券」を発行する事で、お金を投資してもらったという証明を行い、且つあなたの会社が成長した時に投資家の方々へ利益を還元する事を約束します。あなたの会社の株券を所有する方々は、あなたの会社の「株主」となり、この仕組みによって出来た会社を「株式会社」と呼びます。これが、株というものが生まれる根本的な仕組みなのです。

株の仕組みの最重要ポイントは「株価」

発行した株券は、今後あなたの会社の成長度合いとほぼ比例する関係で、その価値を変えていきます。詳しくは後述しますが、株券を所有している株主には配当金などのメリットが生まれます。成長する会社の株を持っている=投資しただけの見返りが今後期待出来る、という事です。

もしもあなたの会社が軌道に乗り順調に成長して行くと、恐らくあなたの会社の株券を新しく買いたがる方々が現れるはずです。この方々は配当金も目的の1つとしていますが、それ以上に株券そのものの価値も重視しているのです。

というのも、その後もあなたの会社の株券を買いたがる方がどんどん増えて行った場合、株券そのものの値段が上がっていくのです。この値段の事を「株価」と言います。

基本的な仕組みとして、株価は買いたい人が多ければ多いほど上がって行き、少ないほど下がっていきます。まだ成長途中の安い時に株価を買っておけば、後で高くなった時に他の方に売る事で大きな利益を得る事も見込めるため、あなたの会社を好評価した投資家の方々は株を買いたがるという仕組みです。

しかし、株券の売買には制約があります。まず基本的に株券の売買が行われるのは「証券取引所」という、言わば株の市場のような所で、最も有名なのが東京証券取引所(東証)と呼ばれる所です。他にもジャスダックやマザーズが日本では有名です。

あなたの会社が株を大々的に売りたいとなれば、証券取引所で売買する事を認めてもらえるよう、厳しい審査に通過する必要があります。審査を通過し、晴れて証券取引所で自社株の売買が可能となる事を主に「株式上場」と言います。

反対にまだ上場していない会社の株は未公開株と呼ばれ、これを買うにはその株を発行する会社か、販売資格を持っている証券会社からでないと購入が出来ません。もしも上場となれば、あなたの会社の株券を買いたい方は一気に増える事が予想されるため、株価も跳ね上がる事が期待出来る、という事になります。

設立時点では株券を買ってくれる投資家の方を探していたものが、順調に成長していくと株を売ってくれという方がどんどん増えて行くのです。逆にその後業績が下がれば、やっぱりいらないとばかりに会社の株券を売る方が増えるため、株価は下がっていきます。これが、株券にまつわる最も重要なポイントである「株価」の仕組みなのです。

企業にとっての株式発行、その最大のメリットとは?

ここまででお話したように、株券を発行する事の基本的なメリットは、会社の運営に必要な資金を調達出来るという点です。起業したばかりでお金が無い時には特に有効な手段となりますし、上場すれば非常に多くの株券が売れるため、多額の資金を調達する事が可能となります。

さらに、そこで集まったお金はあなたの会社にとって非常に嬉しい特性を持っています。それは、そのお金は借りたものでなく、あなたの会社の自己資本であるという事です。簡単に言うと、投資家の方に返さなくていいお金だという事なんです。

例えば起業時点で銀行などの金融機関からお金を借りた場合、そのお金は必ず返さなくてはなりません。事業が上手く行かず返済が出来れなければ、借金として残ってしまう事となります。ですが、株券の発行によって得たお金は返済義務が無いため、お金を借りる事と比べて安全な資金調達方法と言えるのです。

しかし、1つだけ注意すべき点があります。
投資家の方にとっては返してもらえないリスクがある事の代わりに、経営について口を出せる権利が与えられます。この点は非常に重要で、中には投資家の方に株券を購入してもらったものの、余りにも口を出され過ぎる事が嫌になり、買い戻したという経営者の方も珍しくないのです。

また口を出せる権利の強弱については株券の保有率によっても変わってきますので、誰にどのくらい株券を売るのか・また誰がどのくらいの比率を持っているのかという事を、経営者であるあなたは常に把握する必要があります。その点だけ注意すれば会社にとって大変有効な調達の方法であるという事が、株式発行のメリットと言えます。

株式発行のメリット、投資家の立場ではどうか?

あなたの発行した株は、まずどのような利益を株主達に提供するのでしょうか?会社が順調に成長していった場合、発行した株券を所有している株主の方へ主に2つのメリットが発生します。

それは、

■配当金が発生する
■株主優待が受けられる

というものです。

前述もしましたがまず配当金というのは、会社が生んだ利益を投資してくれた株主に還元するというもので、持っている株券1株につき、決められた配当金を分配します。ですので、もしも会社が大きく成長した場合、株券を多く所有している方が得となるのです。

逆も然りで、配当金が支払えない程の薄利・または赤字であった場合、株主の方々はなかなか投資したお金を回収する事が出来ず、損をする事となります。ですので、やはり初期段階でその会社の成長性は吟味されますし、簡単に株主を集められるわけではありません。

設立時点で多くの株主を集められる会社というのは、それだけ成長性・将来性を多くの方が評価しているという事なのです。これとは別に、株主優待というメリットもあります。例えばあなたの会社が飲食店を展開する事業を行っていた場合、その飲食店で10万円分の食事が出来る。こういったものが、株主優待というメリットになります。

主にその会社の提供するサービスなどを格安・または無料で受けられるという主旨のものが多く、現金でのメリットでは無いにせよ、お得感を感じられる方は多くいます。基本的にはこの2つが、投資家にとっての株式発行のメリットとなるのですが、やはり最も肝となるのは上場後の株価変動によるメリットです。

前述したように、もしも投資家の方が所有している未公開株が株式公開となれば、大変な利幅が生まれその株を持っている事のメリットが最大限に発揮されます。

しかし、もしもその後株価が下がる事態となれば、一時的な利益は水の泡ともなってしまいかねないため、最大の利益が取れるというタイミングを見極めて売る事が必要になってきます。

コメントは受け付けていません。