株取引をネットで行うには何が必要か

株取引をネットで行うには、まずネット証券で口座を開く必要があります。そして口座へお金を入金した上で、ネットにつなげる環境が必要となります。パソコンやスマホで証券会社へログインして利用することになるわけです。多くのネット証券があるので、どれを利用するのかをまず決めることが必要です。口座の管理費用は不要なので、複数の口座を開くことも可能ですが、使いやすいところを定めることが大事です。普段パソコンからアクセスするのか、それともスマホから行うのかによっても、使い勝手の良いネット証券は変わります。

また、手数料の安さもネット証券の特徴となりますが、その点も比較材料となります。また、多くのネット証券は電話による問い合わせに関してはそれほどサービスを充実させているわけではないので、注意が必要となります。必要な情報もネットから得ることができます。またニュース配信もネットから確認できるので、相場が急変した時はすぐに対応することもできます。最も、こまめに取引を行うのか、それとも値動きのチェックは行うものの、普段はあまり注文を出さないのかによって求める機能も異なります。ネットでの注文ならば、売却する際の条件を指定する自動売買を行えるのもネット取引ならではのものです。

株取引をネットで行うメリットとは

株取引をネットで行うメリットは色々とあります。まずクリックひとつですぐに注文を出せるので、急ぎで注文を確定したい時は非常に便利です。また、ネットで行うことにより、手数料をかなり抑えることも可能となります。これは人件費を削減できることが理由となりますが、用意される様々な注文を利用することができます。例えば株式を購入した後に、相場が急変する可能性はあります。そこで損切りのための注文を出しておくことで日中の動きをずっと見ている必要は無くなります。

また、近年ではプログラム売買に対応するネット証券も増えています。普段自分が行っている方法をマニュアル化することで、自動売買を行わせることが可能となります。普段は仕事で忙しいサラリーマンであっても、日中に相場の動きを気にすることも無くなります。ほとんど放置しておいても、プログラムが注文を執行してくれるので、あとは上手く機能しているかどうかを検証する作業をすれば良いことになります。

あるいはデイトレードのように相場のリアルタイムな動きを見ながら細かく売買する場合にも、ネットでの取引は必須のものとなります。値動きのトレンドを分析することもできますし、急激な相場の動きがあればすぐに対応することもできます。

株取引をネットで行うデメリットについて

何かと利点が多いようなネット取引ですが、株取引をネットで行うデメリットもあります。まずネット証券を利用する上では、そのシステムに全面的に依存することになります。つまり、過度な負荷がかかることによってシステム障害が生じてしまうと、取引そのものができなくなってしまいます。多くのネット証券は電話での問い合わせサービスはそれほど力を入れていないので、突発的なニュースにより相場が急落するような局面では、昔ながらの電話による注文が確かな場合もあります。

また、株取引に慣れているのならば良いのですが、初心者のように相談しながら取引を進めたい場合にはネットは不利となります。自分でネットから必要とする情報やニュースを手に入れることになります。自分で課題を見つけて解決できるタイプなら別ですが、直接知りたいことを尋ねる場合にはネットは不向きとなります。またいつでも市場の動きをチェックできるが故に、いつもチェックしていないと不安を覚えるようになります。そうなると、仕事や勉強に身が入らなくなる恐れもあります。ある程度長い目で見て投資活動を行うことができれば良いのですが、細かな動きに翻弄されて下手を打つ可能性も高まります。

ネットで株を注文する方法とは

ネットで株を注文する方法としては、まず開設したネット証券にログインすることから始めます。ポータルサイトを開くか、あるいはスマホでアプリが提供されているのならば、アプリを開きます。そして自分のページを開いて注文する銘柄の情報を出します。そこにはリアルタイムな値動きが表示されているので、その場で売り買いの注文を出すことができます。成り行き注文ならば、株数を入力した後は、クリックするだけで発注することができます。指値注文ならば、加えて金額も入力します。成り行き注文であれば、大抵はすぐに約定しますし、指値注文であれば、その金額で反対売買があれば約定します。

他にも様々な注文をすることができます。例えば逆指値の場合には、入力した金額に株価が達して指定した条件となった時に注文を発注することになります。その上で、やはり反対売買注文があれば約定することになります。約定していない状態であれば、いつでも注文を取り消すこともできます。信用取引を利用するのであれば、口座に必要となる証拠金があれば注文を出すことができます。購入か、あるいは空売りをすることができますし、証拠金に対して3倍ほどのレバレッジをかけて注文することが可能となります。

コメントは受け付けていません。