証券取引所の取引時間

株式の売買は基本的に証券取引所と呼ばれる市場で行いますが、証券取引所毎に取引時間が決まっております。日本の証券取引所の取引時間は以下の通りです。

  • 東京証券取引所(1部、2部、マザーズ、JASDAQ)
  • 9:00-11:30(前場)、12:30-15:00(後場)

  • 名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所
  • 9:00-11:30(前場)、12:30-15:30(後場)

このように証券取引所によって取引時間が異なります。また各市場とも土日祝日と12月31日、年始3日間は休場となっています。これは現物株の取引時間のですので、特殊な取引時間をされる方はこの限りでは有りません。

前場(ぜんば)、後場(ごば)と書きましたが、これは午前の部、午後の部という意味です。また取引時間のことを立会時間と呼びます。株式の世界ではこうした専門用語のような物が多くあります。こうした言い方を覚えておくと少しだけ玄人ぶれます。世界には各国に証券取引所がありますが、それらも取引所によって取引時間が異なります。余談ですが、日本の取引所は他国の取引所と比べ、立会時間が短いとの意見もあります。今後そうした意見を踏まえて、立会時間が変更になる可能性もあるかもしれません。現状の取引時間をしっかり把握し、売買を行ってください。

売買が活発になる時間帯

株式は立会時間であれば、売買を行う事ができます。しかし、売買をするには相手がいなければなりません。売買を行う人が多い時間、つまり取引が活発になる時間というがあります。それは立会時間の始めと終わりです。立会時間の始めは寄付き(よりつき)、終わりは引けと言いますが、寄り付きから10数分間と引け前10数分間は特に売買が活発になります。前場の終わりである前引け(ぜんびけ)、後場の始まりである後場寄り(ごばより)も同様です。寄付きと引け以外の時間帯はザラ場と言います。
取引が活発になると、注文も約定しやすくなり、値段も動きやすくなります。それまで約定しなかった注文が引け間際に約定する事も非常に多いです。証券会社の店頭にはモニターで、取引所の株式の売買の状況を表す板状況を表示している事が多いです。

もし時間があれば、寄付き直後か引け間際に見てみると面白いと思います。値段などの情報が目まぐるしく変化しますので、取引が活発な様子がわかると思います。

取引予約は24時間可能

株式の立会時間内でしかできませんが、立会時間中は仕事等で注文が出せないという人も多いです。そういった人達は株式取引ができないのかと言うと、そんな事はありません。立会時間外でも取引予約という形で注文を出す事が可能です。立会時間外に受け付けられた取引予約は立会時間と同時に執行されます。取引予約ですが、インターネット取引の場合は24時間可能な証券会社も多いです(システムのメンテナンス時間等は不可)。証券会社の営業社員に注文執行を頼む場合は、営業社員が電話に出てくれる限りは取引予約が可能です。

取引予約の際の注意点ですが、取引予約後に不測の事態が起こった場合でも、取引予約のキャンセルを行わなければ、注文は執行されてしまいます。証券取引は厳格に運用される必要がありますので、例外は認められません。例え大きな地震が起ころうとも、証券取引所が立会を行っていれば、注文は執行されますので注意してください。取引予約を上手く活用する事で、忙しい方でも株式投資を行う事ができます。

PTS取引(私設取引システム)とは

PTSとはProprietary Trading Systemの頭文字であり、私設取引システムと言います。これは証券取引所では無く証券会社内のシステムを使って株式を売買します。証券取引所での取引と比較した際の最大の利点は、夜間取引が可能であるという点です。SBIジャパンネクスト証券が運営するPTSの場合、株式の取引時間は下記のようになります。

  • デイタイム・セッション・・・8:20-16:00
  • ナイトタイム・セッション・・・19:00-23:59

朝は証券取引所より早く取引を行い、証券取引所が引けを迎えた後でも16:00まで取引できます。さらに夜間も取引が可能です。こうする事で、日中働いている方もリアルタイムでの取引に参加できるようになります。更に、証券取引所の引け後に発表される事の多い、企業の決算発表を見た上で、すぐに取引を行う事や、アメリカや欧州市場の動向を見て取引を行う事も可能です。PTS取引には注意点もあります。証券取引所での取引と比べると取引参加者が少ない為、約定しにくくなります。

また、PTS取引での株価が証券取引所での株価と異なる場合もあります。例えば証券取引所での終値が100円の株がPTS取引では90円で約定する可能性もあります。日中時間が取れない方や、決算発表や他国市場の動向等を見ていち早く取引を行い方にとって、PTS取引は非常に便利です。証券取引所での取引との違いや注意点をしっかり認識した上で、取引を行ってみてください。

コメントは受け付けていません。