キャピタルゲインで稼ぐ

株式投資の稼ぎ方には大きく分けて2種類あります。ひとつは今から説明するキャピタルゲインです。キャピタルゲインとは、株式を購入したときの株価と売却したときの株価の差で資産を増やすもので、株式投資で大きく稼ぐならこれでしょう。基本は安く購入して高く売却することですが、単純ですがこれが難しいのです。キャピタルゲインを得ようと考えているのであれば、まずはそのリスクを理解する必要があります。リスクとは、簡単に言うと損をしてしまうということです。株価は当然上がったり下がったりしていて、その値動きの原因は企業の業績だけではありません。

日本の景気、為替、海外情勢、地政学的な戦争などによる影響もあります。企業のみを調べて稼げるほど甘い世界ではありませんので、多くの人が株式投資で稼ごうとした結果、損しています。売買による収入は時に非常に大きな利益を私たちにもたらしますが、時に資産が半分になることもあります。株式投資の中でもハイリスクハイリターンな稼ぎ方と言えるでしょう。

お金よりも楽しみを狙う

株式会社の中には、株主に対して株主優待という形で利益を還元する会社があります。株主優待は、一年間のうち決められた月に株主に配布されるもので、割引券であったり自社製品であったりクオカードであったり内容は多岐に渡ります。同じ企業でも何株保有しているかで内容が変わったりもするので、購入する際に何株購入するかをあらかじめ決めておく必要があります。

基本的に株主優待を出している企業は大きな企業が多く、株価の変動は比較的小さいです。株価の変動が小さいというのは、売買益を得ようと考えている人からすると魅力のない銘柄となりますが、銀行で眠らせているよりも配当や株主優待をもらいたいという人の場合は安心感があった良いでしょう。世の中には株主優待のみで生活をするといった人もいるので、株主優待も捨てたものではありません。株式投資に対してどのようなスタンスで挑むのかどうか、資産を増やすのかそれとも楽しみを得ようとするのか。銀行にただ預けるよりも株式投資に回した方が楽しめるのではないかと思います。

株主優待乞食狩りで売買益を得る

株主優待をもらうには、決められた日にその株式を保有しておく必要があります。つまり、株主優待が欲しい人はその日に向けてどこかのタイミングで株式を購入するようになります。ここで株式の基本に戻りますが、株価というのはその株式会社の人気を表しています。株式を欲しいと思う人がいればいるほど価値が上がります。

この基本を元に株主優待狙いの人の行動を考えると、株主優待を狙って購入する人が増えると株価は騰がるということです。キャピタルゲインを狙う人は、事前に株主優待が人気の企業の株を購入しておき、株主優待をもらえる日のギリギリで売ることができれば、自然と売買益を得ることができるのです。これを株主優待乞食狩りと呼び、株主優待目当てで購入した人たちはそこまで大きくない株主優待による利益を得るために売買による大きな損失を被ることになるかもしれません。株式投資へのスタンスを考えるときに、売買益を狙うのか株主優待や配当を狙うのかに分かれますが、どちらにしても売買による損得を考える必要があるのです。

インカムゲインで稼ぐ

売買益での稼ぎをキャピタルゲインと言いましたが、配当金による稼ぎをインカムゲインと言います。インカムゲインは企業によって1株あたり何円というのが決まっており、基本的に利益が出ている企業しか出していません。業績が好調な場合には配当金を多くしたりします。その結果、市場は増配が決まると株価が上昇します。結果的に高い配当金をもらう上に売買益ももらえるということになります。

キャピタルゲインにしてもインカムゲインにしても企業の業績と言うのは非常に重要であるということが分かります。配当金は銀行預金に比べて非常に利回りが良く、銀行に全額預けるくらいならば半分くらい株式投資に回し、インカムゲインを狙うほうがこれからの時代には合っているのではないでしょうか。銀行預金にくらべて株式投資は企業にお金が回り、そのお金が世の中を動かすので経済の活性化にも役立つ面があります。銀行に預けるのも投資活動の一つですが、現在の預金利率ならば日本の大手企業の株式を購入し、長期保有で配当金をもらうほうが賢いのかもしれません。

コメントは受け付けていません。